ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短時間勤務という働き方

2012-05-13-Sun-23:26
私を担当してくれる美容師さんは、通常より勤務時間が短い
短時間勤務制度を使っているそうです。
以前は、店長としてバリバリ仕事をされていたのですが、
体調を崩されたことを機に、ご自身の時間を多くとることに
したそうです。
美容師は、チームというより個人での仕事がメインで、
自分の技術があれば、お客様にサービスを提供できる職業です。
勤務時間が短かろうと、メインの業務を続けられるなんて
うらやましい、と思っていました。

ところが、先日美容院に行ったときに
仕事の近況を聞いたところ、あまり状況はよくなさそうな返答。
勤務時間が減った結果、自分が担当しているお客様への
サービス提供をするのみとなり、店舗の運営には
ほとんど携われなくなってしまったそうです。
以前店長だった経験もあり、店舗の運営について色々思う事がある、
それなのに、短時間勤務を始めた途端に
肩身が狭くなってしまったとのことでした。
メインの業務ができる分、短くなった勤務時間は全てそこに費やされ、
他の事ができなくなる。
“短時間”がそのままハンデになってしまうようです。

私もいま、会社で短時間勤務制度を使っています。
それに伴い、通常であればシステム構築のプロジェクトに入るところを、
組織の採算管理や保守案件管理など、主に管理業務に
携わるようになりました。
初めは、組織のメインであるシステム構築業務に携われないことが嫌で、
「個人の技術でやっていける職」はうらやましい、と思ったものでした。
しかし、一概に「この職業は短時間でも働きやすい」と言えるものでは
ないんだなと思いました。
育児など事情を持つ人の働き方については、
それぞれの会社の理解度にも左右されますし、
社会的にまだまだ改革の余地があるものだと実感です。

だからこそ、自分を取り巻く環境のせいにするのはやめて、
少しずつ、自分自身を、会社を、そして世の中を変えて行きたいです。

最近変わったこと

2012-04-14-Sat-15:41
仕事に復帰してから2週間が経ちます。

最近、仕事で物事を考えるとき「どうするのが会社のためになるか」という
視点で物事を考えるようにしています。
産休前と比べて、「会社への貢献」に関する意識が格段に上がったように思います。

現在、短時間勤務制度を使っています。
会社はそれを温かく受け入れてくれました。
また、子供と過ごす時間を減らしています。
子供はそれでも毎日笑顔をくれます。

そうやって、周りに理解してもらっている中、限られた時間を使って働いているのだから、
結果を残さなければ意味がない。
大した実績をあげられないのであれば、会社をやめたほうがいい。
と思うようになったからです。

でも、これは自分だけで至った考えではなく、いくつかのきっかけがありました。

ひとつは、復帰前に会社の先輩(女性)から頂いたアドバイス。
働く母親に対する会社の制度が不十分だと考えていた私に、
「彼女の為に何か手をうたなくては」と思われる人材になることがまずは大切だよと
言ってくれました。
会社の制度が整うことを期待し、それがかなわないことを不満に思うより、
会社に貢献して、その対価に策を打ってもらう。
そうすることでお互い感謝が生まれるし、自分自身も楽になるよと。

確かにそうです。
私は「うちの会社は働きづらい」と否定的になるばかりでしたが、
そんな姿勢で仕事をしていて、状況が良くなるはずはありません。
大いに自分を省みる機会となりました。

もうひとつは、先輩診断士の方から聞いたある企業のお話。
会社での義務は最小限しか果たしていないのに
当然の顔をして育児支援制度の権利を使う女性社員。
そういうのをみると、そこまで制度を整える必要があるのか?
と疑問に思ってしまうと、ある企業の人事担当の方が言っていたそうです。
これを聞いたとき、先ほどの先輩の話と共通すると思いました。

「やっぱり短時間勤務だと難しいなぁ」と思う局面はそれなりにあります。
そういうときこそ、「権利を使わせてもらえているありがたい環境なのだから、
それにふさわしい成果をあげよう。」と思いなおす。
そうやって気持ちよく仕事をして成果を出すことで、
働く母親への理解が進んでいくといいなと思います。

生きる道を考える

2012-03-23-Fri-22:19
先日から、日々の生き方や仕事に対する振り返りの時間を作っています。
振り返ることの中に、「自分の目標に対する進捗は?」という項目があります。
ここでいう目標とは、人生で追求していく目標です。
これを始めたおかげで、これまでになく「私はなにをやりたいの?」を
自問するようになりました。

いま、私は「全てのひとが働きやすく、かつ採算も向上する職場を作る」ことを
目標にしています。
出産をきっかけに、“時間に制約があっても働ける職場”をつくらないと!と
思うようになりました。
また、私の勤める業界は、長時間労働であったり、特定の人に対する負荷だったり
(これは業界全てではないと思いますが)と、「無理して働く」傾向が強いように思えます。
実際、職場では身体を壊して休んでいる方がいます。
育児、介護など事情を持っている人はもちろんですが、そうでなくても、
みんなが無理なく働ける職場であって欲しいと思います。
人事制度だったり、社員のスキルアップだったり、組織の風土だったり。
アプローチ方法はさまざまでしょうけれど、何らかの方法で、
目標に向けて活動したいと思っています。

そんな中、最近「これも追求したいことなんだろうか?」と思うものに出会いました。
「コーチング」です。

いま、『7つの習慣』を読んでいます。
まだ読んでいる途中ですが、価値観をはじめとした「自分の内面」に目を向ける
すばらしい機会になっています。
この本、素直な気持ちで読み続け、書いてあることを愚直に実行し続けたら、
人生が変わるかもしれないとすら思います。
(もちろん私も修行中で、これから結果を出そう、というところですが。)

このように、いままでに無かった視点で自分を省みて、考え方や習慣を転換し、
人生をより充実したものに向ける機会をたくさんの人に持ってほしい。
思い返すと、以前から頭のどこかで考えていたことです。
そこで、コーチングというのは、その機会を作ることができるのかしら?と思ったのです。
まずは、コーチングを知ろうと思い、図書館から本を借りてきました。

いまの私は、育児休暇中で仕事をしていません。コーチングも未経験です。
考えるばかりの頭でっかちになっている気もします。
こんな状態でいいのかなぁ~、もっと現実を見たほうがいいのでは?と思う自分もいます。
それでも、自分の生きる道について、これほど自問し考えたのは初めてです。
しばらく悶々としそうですが、考え続けようと思います。

「前向きに捉える」ということ

2012-03-19-Mon-23:22
先週から、「1日1回振り返りの時間を作る」ことを実施しています。

きっかけは、1月から受講しているコンサル塾TCM
TCMには、コンサルティングスキルや診断士試験対応力をUPさせるメソッドがあり、
塾生は、各自でそれを使ったトレーニングプランを立案&実行しています。

メソッドの中に「振り返り」を行うものがあり、私はそれに重きを置いています。
他のメソッドでトレーニングをするにも、また普段の生活を充実させるためにも、
「振り返り」が重要で、かつ自分に足りないと思ったからです。
「振り返り」のテーマは、生き方と仕事について。
年初につくったMy Credoをベースに、自分が振り返るべきことをリスト化しています。

この振り返りリストの中に「前向きに捉えたか?」という項目があります。
日ごろどんなに「前向きに!」と自分に言い聞かせていても、
クヨクヨイライラ、マイナスの感情に負けることが多々あります。
そのため、その日の出来事を振り返り、「前向きに捉えていなかったこと」について
なぜ前向きでなかったのか?前向きになりうることだったか?を考えることにしました。

これを始めて数日。
自分が遭遇する出来事って、結構前向きに捉えられるものだなと思います。

例えば、先日家族で買い物に行ったときのことです。
私と娘がトイレから戻ってみると、トイレの出入口周辺にいると思っていた主人が
見当たりません。
娘を抱っこし、かつおむつや着替えの入った荷物を持っていたため
上着を着ることができない私は、「寒い!!」とイライラしながら主人を探しました。
すると、数十メートル先にあるベンチで座っている主人を発見。
「なんでそんなところにいるの!!」と、イライラを爆発させたという出来事がありました。

あとで冷静に考えてみると、主人は最近仕事で帰りが遅く、少しの時間も座りたいくらい
疲れていたであろうことを思い出します。
そして、それでも買い物に連れていってくれたんだなぁ、と感謝すべきことに気づきます。
(くだらない例でスミマセン・・・日常にはこういうこともありますよね?笑。)
時間をおいて客観的に見ているから、冷静になれて、前向きになれるポイントにも
気づけるのでしょうね。

「前向きに捉えたか?」を振り返る。
これには、こんなメリットがあると考えています。

1.うまくいっていないことも、その日にクローズできる
嫌だと思ったこと、ユウウツなことも、「こういう考え方もあったな」と気持ちを前向きに
転換すると、明日に引きずりません。
翌日には、その出来事も、別の事も、ゼロ(もしくはプラス)の気持ちでスタートできます。
マイナス思考は別のマイナスを呼びやすいですからね。

2.「考えを前向きに転換する」ための、思考の流れを体感する
「これを前向きに捉えようとしたら?」と自問し、前向きな考えに転換する。
私の場合、これをすると頭の中がパッと明るくなるような感覚があります。
このような、「考えを前向きにする」ときの思考の流れや感覚を体感すると、
その後も、その状況が作りやすくなるのではないかと思います。
初めのうちは強制的にやっていることでも、繰り返していくことでリアルタイムに
「前向き変換」できるようになるのではないかと考えています(実証はこれからですが)。

3.スルーしていた誰かの優しさに気づける
拙い例えですが、上司から、自分が苦手な仕事を頼まれたとします。
「あーゆううつ。やりたくない。」とマイナスに受け止めたらそれまでです。
しかし、それを苦手克服のチャンスだと捉えれば、上司は優しさや期待を持って
自分にチャンスをくれたのでは?という考えも生まれてきます。
実際私は、考え方を転換すると、誰かへの感謝が生まれることが結構あります。

もちろん、生きていれば「こればかりは前向きになれない」という出来事だって
あると思います。
しかし、前向きに捉えようとする過程で「その出来事についてどう感じているか」を
知ることができ、それを受け止められる強さが身につくのではないかと考えています。
せっかくの人生です。前向きに行きましょう。

子供の成長

2012-02-23-Thu-21:58
今日は育児の話です。

私の娘はもうすぐ11ヶ月になります。
十数秒何もつかまらずに立ったり、つたい歩きをするようになりました。

子供が1歳になると、私は育児休暇が終わり仕事に復帰することになります。
復帰が視野に入ってくると、いろいろと心配ごとが出てきます。
その中で、最近特に心配なのが、「夜泣きはいつまで続くの?」。

娘はだいたい夜9時に寝つき、朝8時に起きます。
その間に2、3回、多い日は5回くらい夜泣きをします。
娘を寝かせるときは、添い寝をしながら母乳をあげます。いわゆる「添い乳」です。
そして、夜泣きをしたときも添い乳で寝かしつけます。
夜中に何度も起こされるので、当然ですが睡眠不足。
もしこのまま仕事復帰の日がきたら、ぜったい身体がもたないだろうと思います。

どうしたら夜泣きをしなくなるのか?
夜泣きの原因は不明というのが一般的な説のようです。
ただ、生活習慣を見直すことで夜泣きがなくなることもあるようで、
その1つとして「卒乳をすると夜泣きしなくなる」という話を
先輩ママからよく聞きます。

娘は日中はミルクを飲んでおり、夜だけ母乳をあげています。
よって、卒乳もそれほどハードルの高い話ではありません。
とはいえ、「寝る時はいつも母乳」で生活してきた娘。
やめるのは簡単ではないだろうなぁと思っていました。

しかし!

おとといの事です。
部屋の明かりを消して、母乳をあげずに様子を見ていたら、
案の定、娘はぐずり始めました。
ダメもとでアンパンマンマーチの歌を歌ってみたら、やっぱりダメ。
ですが、なかば諦めながら、携帯で「アンパンマンマーチ」を再生したら
ピタ!と泣きやむではありませんか。
(私の歌がイマイチだったのでしょうか・・)

娘はしばらく携帯を手に取り、おとなしくしていたかと思うと
そのまま寝入りました。
アンパンマンマーチが娘にとっての子守唄になるようです。
その日は2回夜泣きをしましたが、2回ともこの子守唄で寝ついてくれました。

それ以来、今のところアンパンマンマーチ子守唄効果は持続しています。
想像していた苦労もなく、アッサリ卒乳しそうです。
娘の成長の速さは嬉しいですが、ちょっと寂しい。
親って勝手なもんです。
RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。