ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球

2010-07-26-Mon-23:19
7/15から7/24まで、南米に旅行に行ってきました。
美しい世界遺産の風景については、近々UPしたいと思います。

で、旅行から帰国した日、TVをつけたら高校野球の予選の中継が。
私の母校が、千葉県大会の準決勝に出場していました。

私は高校時代ブラスバンド部でした。
ブラスバンド部にとって、夏の野球応援はビックイベントの1つ。
そうか、そんな季節なんだなと思いながら、
1X年ぶりに応援(ブラウン管越しですが)に参加しました。

高校時代に必死に覚えた応援曲が、
打者が変わるたびに次々と演奏されます。
私の高校では、応援曲は過去からの曲目を引き継ぐと同時に
毎年2曲程度新曲を追加していました。
私が3年生のときに追加したルパン三世のテーマ曲が流れたときには、
懐かしさと、「継続すること」「伝統」の重さを感じました。

結局、母校は準決勝で敗退。
試合終了のサイレンを聞き、選手たちの悔しい顔を見たときには、
もらい泣きなのか、自分の高校時代に負けた瞬間がフラッシュバックしたのか
青春だなぁ・・とちょっと熱いものがこみ上げました。


サミュエル・ウルマンという詩人が書いた「青春」という詩の一節に

 青春とは人生の或る期間を云うのではなく
 心の様相を云うのだ

というくだりがあります。
「青春は年齢ではなく、心の状態を言うのだ」ということだそうです。
青春なんて遠い昔に置いてきた気がしていましたが、感情は鮮やかに蘇ります。
それが青春であるかどうかは、確かに心次第かもしれませんね。

久しぶりの感覚

2010-06-27-Sun-22:14
先週の日曜日は、数か月ぶりに診断士活動をした日でした。

1つは、以前にもお世話になったコーチとのセッション。
しばらく考えることをやめていた、
今後の仕事についてお話をさせて頂きました。

やはり今の仕事はつらい面が多く、
起業したいという思いは変わっていませんが、
明らかに収入は落ちるけどやっていけるの?とか
いつか子育てをする環境になるかもしれない中、安定した勤務形態でなくて大丈夫?
とか、モヤモヤした不安は多いです。

でも、整理できていない頭と心の中を1つずつひも解いて頂き、
小さいけど次のアクションを決めました。
1時間弱の短い時間でしたが、気持ちは少しスッキリ。
久し振りに、「前へ進む」感覚を思い出した気がします。

もう1つは、昨年参加していた女性起業家支援プロコン養成
マスターコースの、今年度の第1回にOGとして参加してきたこと。
今年度は過去最多で14名の方が参加されておりました。
皆様の自己紹介を拝見し、今の活動や仕事に対する思いや悩みを聴いたり
先生の講義を聴いたりしているうちに、
去年、今まで全然知らなかった「女性が起業すること」の難しさと、
同時に感じた使命感のようなもの、
講義の内容をメモりながら、「これもっと追及していこう」と
たくさんのことに刺激を受けたことなど、
いろいろ蘇りました。

何の気はなしにふと参加したというのが正直なところでしたが
パワーをもらえたと思います。

今の会社の仕事では、こんな風に何かがみなぎる思いを味わうことはありません。
これはマンネリしているだけなのか、やっぱり合わないのか・・
そろそろ判断してもいい頃かもしれません。

ひと段落

2010-06-04-Fri-22:01
2ヵ月ぶりにブログを更新します。

5月末に結婚式を挙げました。
たくさんの方に祝福のお言葉を頂きました。

2次会は、すばらしい企画力をお持ちの診断士仲間に幹事を、
政策研で大変お世話になっている先生に司会をお願いするという
贅沢すぎる環境で、この上なく楽しい時間を過ごしました。

また、2次会では新郎が手紙を読んでくれました。
ドラマや巷の名言以外で、誰かからの言葉に感動したのは
初めてかもしれません。
その昔、会社の上司に「言葉は人を動かすものだ」と言われたことがあり、
「そうそう動かないと思うけどなぁ」と当時思ったものですが
自分にまっすぐ向けられた、心からの言葉をもらうと
人の心は震えるものだと思いました。

当日、式への参列や2次会幹事など関わりを持って頂いた全ての方に、
心から感謝です。


・・と、ノロケまじりの話はさておいて
私生活でバタバタしていたものがひと段落しました。
この数か月で仕事も私生活も少し状況が変わりました。

そろそろ本腰を入れて、改めて今後のことを考えようと思います。
ブログ、診断士活動も再開です。

「いつもと違う」という違和感

2010-02-19-Fri-00:11
今日、いつもつけている指輪を忘れてしまいました。
無意識のうちに、いつも指輪をはめているあたりを触り、
指輪がないことで「いつも指輪触ってるんだ、私」と
気づいたりします。

指輪のない指を触りながら、
「あ、いつもと違う」とか「いままでと違う」と
違和感を感じることは、何かを見つけたり何かに気づいたりするには
良い切り口になるなとふと思いました。

例えば、昨年2月から社外に常駐するようになったとき。
当然、企業文化やら採算管理の考え方やら
自社とは異なるものがたくさんあります。

自社は、末端部門の単位(1人しかいない部署でも!)で
毎月の採算を管理するため、
その月の出荷金額や残業時間、プロジェクトの利用工数なんかは、
新入社員でも気にするのが当たり前という風土となっています。
日々作業工数を振り返り、常に効率化を追求するため利益は出ますが
状況によっては「やっつけ仕事」になる危険性があるし
月末はピリピリしがちです。

一方、常駐先企業はグループ会社のコストセンターという位置づけで、
この企業の諸経費は、毎年グループの各社で予算が多めに取られているらしく
“作業工数を気にする”という考え方は自社に比べると薄い風土です。
1つの作業にはきっちり時間をとるため、
成果物の精度を高めやすいし(当然個人のスキルには依存します)、
社員の人たちも、穏やかなのんびりした人が多い。

常駐先の風土を体感したことで、
「毎月数字の話ばっかりしやがって」としか思わなかった自社のやり方は
企業が利益を残すために必要不可欠、かつ有効なワザであることを
実感できました。
逆に、常駐先の居心地のよさから、社員の心の穏やかさを保つにためは、
やっぱり利益の追求・業務効率化も過剰すぎちゃ良くないなとも感じました。

常駐を始めて、「今までとなんか違う」と感じたものに対して
「何が違うの?」と考えたから気づいたことの1つです。
やっぱり適度な環境変化は必要ですね。

この常駐は今月一杯で終了し、来月からはまた自社での業務に戻ります。
「他社で仕事をしたことで得た観点を、戻ってから大いに活かします」
と自社に報告してしまった手前、
「今まで(常駐先)と違う」という気づきのきっかけを
取りこぼさないようにしたいと思います。

逆チョコ

2010-02-16-Tue-00:41
今朝会社に出社したら、机にDARSチョコが。
チョコに貼られた付箋には、「社長からの逆チョコです」。
なんでも、常駐先の社長さんから女性社員へとのことでした。

頂いたDARSの“逆チョコ”、「待つよりもいっそあげよう」というコピーで
男性が女性に贈るためという位置づけで森永製菓が発売したもの。
今年はバレンタイン日曜日だったし、製菓企業もいろいろ考えるなぁ。

この前読んだ記事に、

「チョコをくれる男性は気がきいていると思う」と答えたのは66.7%、
「素敵だと思う」と答えたのは44.3%で、
チョコを贈る男性を高評価する女性が多かった。

と書いてありましたが、
確かに私も今日チョコを頂いて、
女性社員結構多いし、派遣社員という立場にも逆チョコをなんて、
粋な社長さんだなぁとうれしかったです。
(とはいえ、自社の社長が「女性社員に逆チョコです」なんて配ってたら
ちょっとヤラシイなと思いそう。身内だからか、男性のキャラなのか・・・。)

ちなみに私は、バレンタインに向けておうちでケーキを作りました♪
料理は全くダメでもお菓子は少しやれるのよ、ということを
家族にアピールしておきました(笑)
100214_2057~020001
RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。