ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の旅

2011-11-18-Fri-13:58
写真を整理していたら、北海道へ旅行に行った時のものがでてきました。
8月にさかのぼる話ですが、私、主人、娘(当時5ヶ月)、主人の父、私の両親の
6名という、私にとっては今までにない大人数での家族旅行でした。

コースは知床→阿寒・摩周・屈斜路→釧路と、道東エリアをだんだん南に下るもの。
ずっと行ってみたかった悲願の地でした。

知床岬を大型船で遊覧したときのもの。岬の先端です!
この先端に着くまで、船に乗ってから1時間30分もかかりました。
P1040459_convert_20111117191133.jpg

こちらは知床五湖の一湖。手つかずの自然は本当に息をのむ素晴らしさでした。
さすがは自然遺産です。
P1040492_convert_20111117191106.jpg

釧路湿原。大自然ってこういう景色を言うんだろうなと思わせるスケールでした。
P1040535_convert_20111117191025.jpg

摩周湖、阿寒湖、屈斜路湖では天候に恵まれませんでしたが、
それでも十分北海道の大自然にたくさん触れることができました。

今回、旅行会社では宿と飛行機、レンタカーの予約をしただけで、
行程計画は自分たちで立てました。
親たちが「行ってみたかった」という釧路湿原には
バリアフリーのコースがあるのだろうかとか、
釧路で「おいしくて座敷がある店」はどこだとか調べてみたり。
また、旅のしおりも作りました。
現地の気温や宿泊先の施設・備品といった情報をガイドブックや宿のHPの印刷物で
バラバラと渡しても、読むのはおっくうでしょうからね。
しおりのところどころに、親たちが思わず笑顔になってしまうであろう
娘の写真を入れてみたりもして。
おかげで、このしおりは笑顔になれつつ旅行のわくわく感をかなり高める
良いツールになったようでした。
(私自身、産休に入って以来久々の“パソコンでの資料作成”をかなり楽しみました。)

そして、この旅行の計画で一貫していたことは
「参加する家族の喜ぶ顔を思い浮かべていた」ということでした。
綺麗な景色、美味しい料理、オリジナルしおり。
「こうなっていると嬉しいだろうな」と考えながらの計画は、
やっているほうも楽しいですし、恐らくできたものの質も上がります。
旅行のあとの、親からの「とっても楽しかった。いい旅を企画してくれてありがとう」の
言葉の嬉しさが倍増したのは言うまでもありません。

相手の喜ぶ顔を思い浮かべることで、成果物の質が上がって
相手が実際喜んでくれたときの充実感も上がって自分も楽しめるのなら、
実践したほうがオトクです。
そしてそれを実践するチャンスは、家での料理のようなちょっとした日常だったり
仕事でクライアントに何かを提案するときだったりと
自分の見方次第でいろんなところに転がっています。
このような、しばらく忘れていたポジティブな考え方を思い出せたし、
自然や美味を満喫できたし、きっと少しは親孝行になっただろうしと、いい旅行でした。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。