ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口述試験対策としてやったこと

2009-12-09-Wed-13:31

さて、もうすぐ口述試験です。
ご参考までに、去年私がやった口述試験対策を紹介します。

■TACの口述試験対策講義を受講
私はTACに通っていたので、まず始めにこのDVDを見ました。確かWEBで。

■TACの模擬面接を受けた
これも確かTACのカリキュラムでした。
私は「受け答え内容は問題ないから、ハッキリ堂々と話をしなさい」と言われました。
あと、「女性は落ちないというジンクスがあるから大丈夫」という励まし(?)の言葉も頂きました。
本当かどうかは不明ですが・・

■2次事例写経
よく聞く対策ですよね。
2次の事例企業の特徴をきちんと覚えるために、PCでゆっくり打ち込みました。

■各受験校の予想問題集をGET
TACの模擬面接のときにも予想問題をもらえましたが、それだけでは不安かつ想像力の乏しい私は
予想問題ネタを収集すべく、他の受験校の予想問題集を申し込みました。
といっても、無料かつ2次再現答案を出さなくてもOKのところに絞ったので
確か2校分しか入手できなかったと思います。
それらの予想問題たちを参考に、質問されそうなポイントを洗い出して回答を用意しました。

・・・・・・・
まぁ、色々やったワケですが、結局本番では入手した予想問題は見事にハズレました。
しゃべりもしどろもどろだったと思います。
当時お世話になっていた受験校の講師から言われていた「とにかくしゃべれ」だけを
遂行したという感じです。
ちなみに、私が質問されたのは、事例?と?からの出題。
確か事例?関連では「同族企業の強みは?」みたいな内容、
事例?では設備投資計算の基本的な概念に関する内容だったと記憶しています。

私がやった「予想問題集め」などは、1次の知識を再度引っ張り出すための切り口としては有効でしたが、
そこまでせずとも、2次試験の解答解説を使うという方法で十分だったかなと今になって思います。
事例で出されている概念や論点を押さえておけばよいことですし、
「予想問題を公開している受験校探し」に結構時間がかかってしまったので・・・。


口述試験対策で最低限目指す水準は
「緊張していても何か答えられるように、2次事例の内容と1次の知識をホットスタンバイな状態にしておくこと」
だと思います。
受験校の口述試験対策や、ブロガーさんが書かれている体験談を参考にしつつ、
ご自身に合った対策を見つけたら、あとは本番に向かって進むだけです。
最後までがんばってください。ご健闘をお祈りしています。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。