ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究会の発表

2009-07-02-Thu-23:35
昨日は[政策研究会]の月例会があり、DB構築WGの第1フェーズ概要を発表させて頂きました。

DB構築の目的はknow whoの実現ですが、第1フェーズでは「お互いの顔を知る」ことを目的にし
最低限の基本情報のみを共有するという考え方で進めています。

WG内部でも「項目内容をどうするか」を決めるまでに紆余曲折ありましたが、
昨日無事に話をまとめることができました。
ウシさんもブログに書かれておりましたが、診断士の世界はみんな前向きです(コレは本当によく実感)。
第1フェーズに関するやりとりはたった数日でしたが、皆様の意見を頂くたびに色々考えさせられ
大変勉強になりました。

それにしても、初めは基本情報のみとはいえ、個人情報の提供になるわけです。
昨日の質疑応答でも、情報展開時のアクセス権に関することが挙げられました。

私としては、個人情報を提供することに対する不安や抵抗感を超えるくらいの、
使うことに価値があるDBを作ろうと意気込んでいるのですが、
そうは言っても「セキュリティ大丈夫?」と感じるようなものは誰も使いませんよね。
この点はキッチリ押さえます。これを理由に頓挫してしまうのは悔しいですから。

今月、第2フェーズ以降に関する打ち合わせも行います。
まだまだ勝負はこれからですね。楽しみです。


昨日の発表、自分の数少ないプレゼン経験の中では良くできたほうでした。
あのたった10分のためにも結構練習したので、(当然課題は多々ありますが)少しは
前に進んだかな?というところです。
私は人前での発表が大の苦手で、「練習しないとシドロモドロ」ということを自覚していたので
ネコの冷たい視線を浴びながらも練習したわけですが、
こうやって「自分の水準を把握できている」ってある意味強いな、つくづく思いました。
やらなきゃいけないことが明確ですからね。

しかし・・昨日は数日分のテンションを使い切った感じで、今日はややフヌケ、
FFで言うと戦闘不能状態(もういいって?)でした。
今日は早寝しよーっと。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。