ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディシジョンツリー登場

2009-07-10-Fri-01:22

今日、初めて仕事で「ディシジョンツリー」が登場しました。

現在、私はある企業の業務システム再構築プロジェクトに携わっており、
今日そのプロジェクトにおいて、コンティンジェンシープランの打ち合わせがありました。

9月にシステムテストが完了しなかったら予定時期の稼動はNG、
その場合、業務にこういう影響がある、
その際採りうる対策はコレ・・・

という具合に色々なケースを洗い出します。

そして、その打ち合わせの中で
「これらのケースと対策を論理的に表して、後は意思決定のロジックをツリー構造にすればOK」
という言葉が出たときに、
「意思決定のロジックをツリー構造・・・ディシジョンツリー!そのまんま!!」と
頭の中のランプが点灯されました。

打ち合わせ後、そうか~・・ディシジョンツリーはこういうときに出てくるのねーと考えていたのですが、
しばらくして(いつものパターンですが)それっていつも仕事の状況を整理するときにもやってることじゃん・・・
と気づきました。
普段漠然とやっていることに、こういった理論が適合すると、印象にも残りより磨きがかかる気がしますね。


受験勉強中から、診断士試験は実務に活きる!と思ってはいたのですが、
それでもやはり「資格試験の勉強」モードだったんだなぁ、とつくづく実感です。

今日気づいただけヨシとしよう。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。