ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この状況を変えるには・・

2009-08-23-Sun-22:09

今日はマスターコースの3回目でした。

これまた楽しい内容でしたが、こちらの振り返りは後日するとして、、、
今日、一緒に参加しているメンバーや講師の方々とお話して、
最近漠然と感じている不安が、さらに色濃くなった気がしました。
それは「この状況のままでいいの?」という不安です。

その1つは。
メンバー&講師の方と昼食をとっていたとき、
農工商連携人材育成の話を紹介して頂きました。
細かい話はさておいて、農業について学ぶには良い条件で結構魅力的な内容。
新米診断士で、未だに「自分の軸をどこに置くか?」を模索中の身としては
いろいろな世界を見たいという思いがあり、参加を考えました。

でも、問題は「そんなに手を出してやれるの私?」ということ。
企業内診断士としては、いつ本業が忙しくなるかわかりません。
つい最近も、楽しみにしていた研究会の合宿をドタキャンしたばかりです。
社会人9年目にもなって、リソース配分をミスったなと地味に凹みました。
(でも、おかげで追われていたタスクはだいぶ片付きました。)

もう1つは、創業支援などを行う女性診断士のネットワークがあるのですが、
代表を務める講師の方に、近々開催される懇親会にお声がけ頂いたこと。
その日は、職場でお世話になった方の送別会があり参加不可能でした。
そもそも、懇親会は18:00からとのことで、17:45が定時の私は物理的に参加が不可能です。

「いずれは起業を」と考えており、
今は助走期間、いろいろなことに参加して見聞を広げようと思っているため、
こういうことがある度に「企業内だといつまで経っても進まないのでは?」という
言い訳がましい考えが出てきます。
もし起業できたらできたで、仕事がたくさんあった今を
「贅沢だった」と振り返るかもしれないのに。


時間をかけなきゃわからないこと、めいいっぱい走らないと見えないこともあると思います。
この自分の「今後」に関する問題は、その類に属するのだろうとは思います。
でも、どちらかに軸足をおくと、もう一方が苦しくなるのは事実です。
少しは計画的に考えて、「今は本業に専念」「今は診断士」と
腹をくくらないといけないのかもしれません。

そもそも「起業したい」の気持ちだけで、具体化してないのがダメなんだよなぁ・・
いい加減、自分がどうありたいのか、「思い」を棚卸しなければと思います。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。