ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次試験の対策メソッドは何のために使うのか?

2012-09-17-Mon-17:10
診断士の2次試験対策といえば、
たいていの受験校が解答作成に使うメソッドを作っています。
また、受験生の皆さんも、「解答作成のときに意識すること」などを
チェックリスト化していると思います。

そんな、2次対策メソッドは何のためにあるのでしょう?

私は、設問で求められていることを正しく理解・解釈し、
適した解決策を見つけるためだと思います。
もっとシンプルに言うと、「設問に素直に答えるため」です。

メソッドには、設問の解釈だったり、解答の根拠を探す方法だったり
文字数の見積だったりといろいろありますが、
いずれもベースにある目的は、設問要求に素直に答えることです。
そして、メソッドはその目的を達成するための手段、ツールでしかありません。

なぜこんなことを言いだしたのかというと、
先日受講したTCMの講義で、少し気になったことがあったからです。

講義の中で、私が受験生時代に教わっていた先生が作られた
2次対策メソッドを拝見する機会がありました。
そこで驚いたのが、メソッド数の多さ。
私の受験時代に比べ、はるかに数が増えています。
きっと、ノウハウを少しずつ明文化されてきた結果なのでしょうけれど、
正直「これ全部意識するのは大変だな」と思ってしまいました。

私も受験生時代に、一生懸命メソッドを頭に詰め込んで、
解答作成の際は、プロセスの至るところでそれらを活用しようと意識していました。
言うなれば、目的は「メソッドを使う事」状態。
しかし、どうにも点数が伸びない。
このままではマズイと悩んだ時期がありました。

そんな頃に出会ったのが
「2次試験は設問要求に素直に答えることが一番大切」という言葉。
受験校の講師だったか、どなたかのブログだったかは覚えていませんが、
この言葉を聞いてハッとしました。
やるべきことは「設問に素直に答える」という、とてもシンプルなことです。
それ以降「設問に素直に答えるためにメソッドを使うんだ」と考えるようになり、
使うメソッドを自分が苦手な点に絞ることで、
作る解答も安定したものになってきた覚えがあります。

クライアント企業の社長さんが求めることを的確にとらえ、
企業さんの状況を冷静にみつめ、
最適な解決策を提供する。
これは、診断士として重要なスキルで、
ここで大切なのはやはり「求められていることに素直に答えること」です。
そして、2次試験ではその力を問われます。

もし、メソッドを使うことばかりで頭がいっぱいになったりしたら、
一度「何のためにメソッドを使うのか?」という点に
立ち返ってみられると良いと思います。

試験まで約1ヶ月、皆様のご健闘をお祈りしています。

COMMENT



承認待ちコメント

2014-08-27-Wed-23:38
このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

2014-07-24-Thu-21:36
このコメントは管理者の承認待ちです

2012-10-01-Mon-22:21
ざあらしさん、こんばんは!コメントありがとうございます。

ティアラさんのおっしゃる通りですね。キーワードは「素直」だと思います。
残りの期間、がんばってください。ご健闘をお祈りしています!!

社長さんの顔を思い浮かべよ

2012-09-24-Mon-21:01
ニャン太さん、こんにちわ

TCMでお世話になっている2次2回目のものです。
回答プロセスも大事ですが、
・聞かれたことに、素直に答えること。
・なにがあっても与件本文と設問文重視で対応すること
が重要と、ティアラ先生も言っています。

これを肝に銘じて、あと1か月がんばります。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。