ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読んだら考える

2012-02-06-Mon-16:56
“本を1時間読んだら3時間考えよ。”

これは、先月から受講しはじめたTCMで、講師の先生が紹介してくれた言葉です。

また、この言葉を聞く1週間ほど前に読んだ本でも、
“読む→考えるの「PDCAサイクル」をたくさん回すことで思考能力がアップし、
 読書から得られるものが大きくなってくる”

と、「本を読んだら考える」ことの重要性を説いていました。

ロジカルシンキング・リーディングロジカルシンキング・リーディング
(2009/08/26)
大石 哲之

商品詳細を見る



いつも、本を読んでもその内容が身についていないように感じる私にとっては、
「本を読んだら考える」ことが欠けていたのだ、と自分を省みる機会となった出来事でした。

そして、そこから数週間。
また「本を読んだら考える」ことの重要さを実感したことがありました。

今、私には読書感想文を書くというTCMから出された宿題があります。

テーマとなっている本はプロフェッショナル原論
これを読んで、自分はどんなプロフェッショナルになりたいか?を論じるものです。

読書感想文というものは、小学生のころから苦手でした。
国語は超得意科目で、恐らく通知表ではいつもいちばんいい評価をもらっていました。
が、読書感想文となると、いつも「文章がヘタ」と言われていました。
「ヘタ」というのは、文章が読みづらいとか、誤字・脱字が多いとかいう
形式的なことではなく、
「言いたいことが伝わってこない」といった、内容に対するものだったと思います。

それもそのはずです。
いつも、「うーん、本はおもしろかったけどさ。感想って言ってもねぇ。」
というモードで嫌々書いていましたから。
そりゃ、内容はよろしくないものになると思います。

で、今回。
本を読んだ後すぐにPCに向かい始めましたが、
初めのうちは筆が(PCを打つ手が)進みませんでした。
ブログを書くときは、スラスラ言葉が出てくるのに。
文字を書こうとすると、「こんなこと書いたらおかしいかしら?」と、
「感想文としての体裁」ばかりを気にする自分が登場して、邪魔をしてくるんです。
思い返してみると、学生のころもこんな風に「余計なこと」を考えてしまうというのが、
感想文がうまく書けない要因の1つのように思えます。

どうにも進まないので、一度手を止めて
「読書感想文に対する自分の姿勢はなにが良くないか?」を考えてみました。
答えは簡単。
本の内容について、主体性を持って考えていないのです。
「宿題として出された読書感想文」というフィルターがかかった途端、
やらされ感が発生し、読書感想文の見え方ばかり気になって、
本の内容についてじっくり考えることをおろそかにしているのです。

この本を読んで自分は何を学んだか?
どんな点に共感(反感)を持ったか?
何を実践すべきか?
なんてことを考えるだけで、「自分のこと」になるというのに。
しかも今回は、「これを読んで、自分はどんなプロフェッショナルになりたいか?を論じる」と
親切に考えるべきことも与えてくれている、絶好の“考える機会”なのに。

このことにハタと気付き、主体性スイッチをONにして
本の内容について自問しながら考えだしたら、どんどん言葉が出てくるようになりました。
たぶん、学生のころの私は「自分のこととして考える」姿勢に欠けていたのでしょう。

ここでも、「本を読んだら考える」ことが大事だと実感する機会に遭遇したわけです。
これだけ何度も実感したのだから、これを機に本の読み方をひとつ
レベルアップさせようと思います。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。