ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「育児がしんどい」と思ったら

2012-07-06-Fri-22:54
先日、ある知り合いの方がFacebook上でシェアしてくれた、
くわばたりえさんのブログ。

しんどいよな|くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」 by Ameba

3回読み、3回とも泣きました。
心の中に渦巻いていた感情を言葉にしてもらったとでも言いましょうか。
育児をがんばるママは、多少なりとも共感するのでは?と思います。


先日、会社で飲み会がありました。
数日前から決まっていれば、家族に仕事を調整してもらい
子供のご飯、お風呂、寝かしつけを代わってもらうことで
飲み会に参加することが可能です。
でも、会社に勤めているとよくある「今日軽く飲みに行く?」といった
「その場の流れ」で決まる飲み会には、当然参加できません。
家族の調整をして、会社でも調整して・・・という手間がわずらわしい、
好きな時にお食事や飲みに行きたい!と思う事が、最近よくあります。

また、いま私が参加しているある診断士の会では、
定例会の集まりが悪いことが課題となっています。
家族や仕事などの事情があったとしても、会員である以上、
できるだけ参加できるよう調整することを望まれます。

かたや。
最近、出勤するとき娘が私のそばを離れたがらず、泣きだすことがあります。
働く親として、この瞬間ほどつらい、心が揺らぐときは無いと思います。
「そこまでして働く必要あるんだっけ」と考えてしまうことがあります。

こんなふうに、「どれも大事だけど全部は取れない」
というジレンマに悩むことが、母親になって増えました。
「大事なのはわかるけど、ムリなんです!」と
言いたくなることがよくあります。


でも、こういうことは0か1かではなく、
都度判断して、うまくバランスを取りながらやっていくしかないんでしょうね。
子供との時間を大事にしながらも、
うんざりして、子供の前で笑顔をなくしてしまわないよう
自分のための時間も確保する。
手抜きでも育児放棄でも正当化でもない、
「うまくやっていくための工夫」なんです。


くわばたりえさんのブログは、心の余裕を作ってくれました。
しんどい、と思ったら、育児で悩む友人や後輩がいたら、
この話を思い出そうと思います。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。