ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に留めておくこと

2012-01-10-Tue-17:35
今年、私は育児休暇が明け仕事復帰します。
心機一転、何事にも新たな気持ちで取り組むぞ!という気合いを忘れないために
「自分の心に留めておくこと」を決め、自分に課すことにしました。

参考にしたのはこちらの本。
My CredoMy Credo
(2009/12/08)
浜口 隆則、村尾 隆介 他

商品詳細を見る

“CREDO(クレド)”とは「企業内でのチームビルディングや社風をつくるために
用いられるチームの価値基準や信条を表現したもの」(本書より)。
本書では、“MY CREDO”=「自分が個人として守るべきルール、行動指針」を
作るべく、その必要性や作成にあたっての自己分析ワーク、留意点が
紹介されています。
私としては、自分の心にいつになく素直に問いかけながら自己分析をすることができ
楽しみながら作成することができました。

以下が、決めた内容です。

1.何事も前向きに捉える。他人、周りの悪口を言わない。
「前向きに」という言葉で思い出すことがあります。
約2年半前、私が結婚を決め、その旨を両親に伝えたときのことです。
あるレストランだったのですが、母がトイレに立ち私と父の2人になったとき、
父が「ran、人生は“前向き”が一番だぞ」と言いました。
これまで、父が私に格言めいたことを言うことも、
2人で生き方について語ることもほとんどなかったので
初めて父の信条のようなものに触れた気がして印象的でした。
もともと「前向きに」は私のポリシーでしたが、ますます大切な言葉になった
出来事です。
後半は、「周囲の事象を悪く捉えない」という気持ちを込めて選んだ言葉です。

2.毎日“今日の感謝ベスト3”を挙げる。
大事だとわかっていても、普段の生活の中でつい忘れてしまう感謝の心。
「よく考えてみると、あの人のあの行動は私にこんな配慮をしてくれてたんだなぁ」
ということに気づけるよう、ベスト3まで考えることにしました。

3.「一期一会」の心、相手を受け入れる姿勢を忘れない。本書の自己分析の中で、「自分が憧れる人」と「どういったところに憧れるのか?」を
考える機会がありました。
私が挙げた「憧れの人」に共通する要素の一つとして
“他人のことを受け入れる懐の深さを感じる”という点があります。
これは、社会人としても親としてもありたい姿。
少しでも近づけるようにと選んだ言葉です。

4.今していることは“今日しかできないこと”か?
  今日が人生最後の日だったら?を問う。

言うまでもないですが、スティーブ・ジョブズの言葉を引用しています。
今の私にとってはハードルの高い、これは実践できていないなぁと思う事の1つなので
含めました。

5.軽率な発言、行動をしない。真摯さ、誠実さを持つ。
こちらも『MY CREDO』の自己分析により導き出した、
自分に不足している、自分に課すべきルールとしての言葉です。

6.美容・健康・身だしなみに留意。
母になり、「女性の生き方」を考える機会が増え、「素敵な女性でありたい」と
より強く思うようになりました。
内面だけでなく、外見にも留意しよう!と挙げた言葉です。

7.正しい、美しい日本語を使う。
これも、常々気をつけないとなぁと思いながらもいまひとつ実践できていないもの。
私が憧れる女性も、丁寧で美しい日本語を使っています。
“相手への伝わりやすさ”も含めて、正しい日本語を身につけたいものです。

8.週に2冊以上本を読み、何らかのアウトプットを残す。
私の読書量にはいつも波があるので入れたもの。
週に2冊というのは少ないほうなのでしょうけれど、
まずは現実的なところからペースづくりをしようと思います。

必要に応じて追加・メンテナンスもするつもりの柔らかいものではありますが、
まずは、この8つの言葉を自分のルールとして行きます。


そして、もう一つベースにしたい言葉があります。

Your time is limited,so don't waste it living someone else's life.
またまたスティーブ・ジョブズですが(汗)
(私が尊敬する診断士の某ER先生も、ブログに記載されている言葉ですが(汗汗))、
今の私が心の底から共感する言葉の一つです。

最近、他人にものすごく腹が立ったことがありました。
数日の間イライラ、これは殺意か?と思うほど腹が立ち配偶者にあたったりもしました。
※というと「何事か!?」と思われるかもしれませんが、原因はくだらない話ですw。
そんなときにこの言葉を目にし、
確かに。憎しみや苛立ちなんて醜い感情で心を苦しめている場合ではナイ!
と、冷静になり、自分でも驚くほどに気分が軽くなりました。


ここに挙げた言葉を心に留め、日常の中で自分を省みる機会を作るようにし
大事な時間を自分のため、大切な人のため、社会のために使っていきたいと
思います。
RREVHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。