ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの感覚

2010-06-27-Sun-22:14
先週の日曜日は、数か月ぶりに診断士活動をした日でした。

1つは、以前にもお世話になったコーチとのセッション。
しばらく考えることをやめていた、
今後の仕事についてお話をさせて頂きました。

やはり今の仕事はつらい面が多く、
起業したいという思いは変わっていませんが、
明らかに収入は落ちるけどやっていけるの?とか
いつか子育てをする環境になるかもしれない中、安定した勤務形態でなくて大丈夫?
とか、モヤモヤした不安は多いです。

でも、整理できていない頭と心の中を1つずつひも解いて頂き、
小さいけど次のアクションを決めました。
1時間弱の短い時間でしたが、気持ちは少しスッキリ。
久し振りに、「前へ進む」感覚を思い出した気がします。

もう1つは、昨年参加していた女性起業家支援プロコン養成
マスターコースの、今年度の第1回にOGとして参加してきたこと。
今年度は過去最多で14名の方が参加されておりました。
皆様の自己紹介を拝見し、今の活動や仕事に対する思いや悩みを聴いたり
先生の講義を聴いたりしているうちに、
去年、今まで全然知らなかった「女性が起業すること」の難しさと、
同時に感じた使命感のようなもの、
講義の内容をメモりながら、「これもっと追及していこう」と
たくさんのことに刺激を受けたことなど、
いろいろ蘇りました。

何の気はなしにふと参加したというのが正直なところでしたが
パワーをもらえたと思います。

今の会社の仕事では、こんな風に何かがみなぎる思いを味わうことはありません。
これはマンネリしているだけなのか、やっぱり合わないのか・・
そろそろ判断してもいい頃かもしれません。
スポンサーサイト
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。