ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診断士受験日記2 「さて、どこに通う?」

2009-04-02-Thu-21:15

診断士の資格を取るぞ!!
と心に決め、早速行動にうつりました。

とりあえず遊びやら飲みやらの誘惑に弱い私は独学ではムリと判断。
まずはスクールに通うべくパンフレットを集めました。

集めたのは、ネットでよく目についた
 ○TAC
 ○LEC
 ○日本マンパワー
 ○ユーキャン
 ○大原
で、各受験校の特徴などを比較しました。

私が学校を選んだときの着眼点は・・・

?合格までのマイルストーン
ストレート合格を目指す学校や、科目合格のメリットを使って2年のスパンで
行きましょうという学校など様々です。
これは自分の普段の仕事との兼ね合いで、
ムリなくできるものを選ぶのが良いと思います。

?通学?通信?
学校に通うのか、通信教育形式かです。
このあたりは、双方のメリット・デメリットを各受験校で語ってくれているので
自分の生活との兼ね合いで決めるのが良いと思います。
私は家では集中できん!ということで通学にしました。

?所在地は?
通学となると、「どこに通う?」ということになります。
交通の便も然りですが、「その土地は自分に合う?」というのも
ポイントだと思います。
TACやLECなどは渋谷に校舎があり、私は渋谷が一番近かったのですが、
賑やかで人が多い土地での勉強が続くかどうかに自信がなかったので、
ちょっと離れた別の校舎を選びました。

?自習室はいつでも使える?
受験中は、通学時以外も勉強することになりますが、「どこで勉強するの?」も
重要なポイントだと思います。

近くに図書館があったり、長時間ゆっくりできるカフェなんかがあれば良いですが
そういった場所はなく、家でも集中できん!という私には、
勉強場所を探す必要がないことも判断材料になりました。
普段通っている学校での自習は、講師の方に質問しやすいとか
受験校が発信するニュース(答練の順位とかオプション講義とか)に
触れやすいというメリットがあります。

あとは、同じ講義を受けてる人を自習室で見かけたりして、
「お、がんばらんと!」と、同志を見つけた励みを感じることができます。
診断士以外の受験生の方々も黙々と自習されているので刺激にもなり、
勉強場所としては良い環境だと思います。
気分転換できるところもあると尚可でしょうね。

?評判は?
そしてやっぱり気になるのは受験校の評判ですね。
当然実績があるところに行きたいもんです。
私は2chでの評判や、各校が提示している合格実績を眺めました。
結局私は受講料と校舎のロケーションがポイントだったので
この点は参考程度、という情報でしたが
「この受験校なら頼れる」という気持ちを持つための材料になります。

そして、受験が終わって「2次試験対策」の内容がポイントかも、と感じました。
2次試験は「80分の間でいかに問題要求を読み取り解答を導き出すか?」という
技能試験的な要素が強く、受験校によってその特徴が異なるので
特に情報収集しておくと良いと思います。
この点はいずれ特徴比較をしてみたいと思っています。


以上の点からだいたいのメドをつけ、あとは体験入学へGO!
たまたまTACに行った日が企業経営理論の講義初日で、
そのまま体験入学、企業経営理論の科目の面白さに魅せられ
当日中に入学しました。


受験生活は、それなりの期間がかかります。

ちょっと気分が乗らないときに、
その環境にモチベーションが上がる要素がどれだけ散りばめられているか?
というのがポイントだと思います。

近くにおいしいパン屋さんがあるとか、
自習室に日当たりの良い席があるとか・・・

受験生活でのモチベーションは何ですか?というのは
ぜひ一度みなさんに伺ってみたいなぁと思います。


自分の気持ちが盛りあがる材料をたくさん準備して
目標に向かってがんばりましょう!!

RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。