ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近変わったこと

2012-04-14-Sat-15:41
仕事に復帰してから2週間が経ちます。

最近、仕事で物事を考えるとき「どうするのが会社のためになるか」という
視点で物事を考えるようにしています。
産休前と比べて、「会社への貢献」に関する意識が格段に上がったように思います。

現在、短時間勤務制度を使っています。
会社はそれを温かく受け入れてくれました。
また、子供と過ごす時間を減らしています。
子供はそれでも毎日笑顔をくれます。

そうやって、周りに理解してもらっている中、限られた時間を使って働いているのだから、
結果を残さなければ意味がない。
大した実績をあげられないのであれば、会社をやめたほうがいい。
と思うようになったからです。

でも、これは自分だけで至った考えではなく、いくつかのきっかけがありました。

ひとつは、復帰前に会社の先輩(女性)から頂いたアドバイス。
働く母親に対する会社の制度が不十分だと考えていた私に、
「彼女の為に何か手をうたなくては」と思われる人材になることがまずは大切だよと
言ってくれました。
会社の制度が整うことを期待し、それがかなわないことを不満に思うより、
会社に貢献して、その対価に策を打ってもらう。
そうすることでお互い感謝が生まれるし、自分自身も楽になるよと。

確かにそうです。
私は「うちの会社は働きづらい」と否定的になるばかりでしたが、
そんな姿勢で仕事をしていて、状況が良くなるはずはありません。
大いに自分を省みる機会となりました。

もうひとつは、先輩診断士の方から聞いたある企業のお話。
会社での義務は最小限しか果たしていないのに
当然の顔をして育児支援制度の権利を使う女性社員。
そういうのをみると、そこまで制度を整える必要があるのか?
と疑問に思ってしまうと、ある企業の人事担当の方が言っていたそうです。
これを聞いたとき、先ほどの先輩の話と共通すると思いました。

「やっぱり短時間勤務だと難しいなぁ」と思う局面はそれなりにあります。
そういうときこそ、「権利を使わせてもらえているありがたい環境なのだから、
それにふさわしい成果をあげよう。」と思いなおす。
そうやって気持ちよく仕事をして成果を出すことで、
働く母親への理解が進んでいくといいなと思います。
スポンサーサイト

ママ友というつながり方

2011-11-25-Fri-08:44
昨日、娘を連れてママ友のMさんとお茶をしてきました。
先月、児童館のちょっとしたイベントで知り合った人で、2人で会うのは今日が初めて。
会う前までは、初対面に近い人と2人きり(お互いの子供をいれると4人だけど)で
話すなんて大丈夫かしら、間はもつかしらと不安もあったのですが、
帰りは晴れ晴れとした気分でした。
Mさんは私より4歳年下の専業主婦なのですが、
お互いネコを飼っていたり、偶然にも産院が同じだったりと共通点も多かったので
会話がとてもはずみました。

私はどちらかというと人付き合いが得意ではない部類に入ると自分で思っています。
そんな私にとっては、ママ友というと
「自慢話やうわさ話ばかり」
「お互い表面的な付き合いに徹する」
という、煩わしい、できれば関わりたくないというイメージが強いものでした。
けれど、今日会話の中で4歳年下と知ったとき、
「年齢差をそれほど気にしないつながり方はこれまで無かったかも?」と
新鮮さを感じたのです。

4歳違うと、学生時代は小学校以外ではほとんど関わりません。
会社で4歳差というと先輩・後輩のつながりになります(同期で4歳差は別ですが)。
学校や会社以外でも、年齢が異なる場合、私はたいていそれ相応の
話し方であったり付き合い方をするほうです(もちろん、そうでない場合もあります)。
ママ友は、お互いの子供の成長を喜びあったり、育児に関する情報をシェアしたりと
年齢は関係なく対等です。
昨日はそれほど感じませんでしたが、年齢の違いによる世界観や価値観の違い
というものにも、対等な立場で触れることができるチャンスです。

こういう子供を介した友達は、今後も増えていくのだと思います。
幼稚園や保育園、小学校と何かに属するようになると、付き合い方の難しさを
感じるかもしれませんし、とても気の合う人に出会うかもしれません。
どうであれ、新しいつながり方を楽しんで行こうと思った次第です。
また、昨日会ったMさんは、笑顔が多く話を聞くのが上手な人でした。
そういうママ友の素敵なところも参考にしていこうと思います。

ボイストレーニングを受けてみようかと思う

2010-03-19-Fri-21:11
最近ブログ(というより診断士活動そのもの)がご無沙汰気味です。

先日、4か月ぶりのマスターコースに参加してきました。
私が尊敬する診断士のひとりである油井文江先生による
「講師・研修スキルアップのポイント」に関する講義で、
後半には、セミナー講師として1人5分で任意のテーマについて
講義するというロールプレイングもありました。

たち振る舞い、お辞儀の仕方、話しているときのクセなど
皆様からご指摘頂けて、自分では無意識でも周りから見たら
気になる点というものを知ることができました。

ただ、その中で私にとってどうも苦手なものが。
それは声の大きさ

油井先生曰く、自分の限界の声を知っておくのことは大切、
いつマイクが使えないセミナー会場に遭遇するかもわからないとのこと。
うむ、確かに。

ひとりひとり、最大限の大きさで発声!(「こんにちは」と叫ぶ)を
したのですが、私はどうもお腹から声が出ていない。
「ノドで声を締め付けてしまっている感じがする」と言われたのですが、
まさにおっしゃる通り、喉で声を出そうとしてしまいます。

学生時代ブラスバンド部に所属していたため、複式呼吸自体は
やったことがあります。
ただ、「腹から大声を出したことがあるか?」と
自分の人生を振り返ってみたら、思い当たることがありません。
絶叫マシンに乗っても絶叫しないキャラで
生きてきました(というか声も出ないほどビビる)。
そのため、「お腹から声を出す」方法を体が知らないのだと思います。
講師の先生からは、
「ボイストレーニングを受けると大きく改善されると思う」
とのアドバイスを頂きました。

他の皆様は、最初はそれほどではなくても、講師の先生に
促されることでとても凛としてハリのある声を出されていました。
舞台俳優さながらでカッコイイのです。
先生曰く、トレーニングを受けたことのある方の声というのは
聴く人が聴くとわかるとのことでした。
いずれ独立した際には、セミナー講師も視野に入れているので
このボイストレーニングを受けてみたいと思います。
というか、単純にあのカッコイイ声を自分のものにしたい。

先日は、久々の診断士関連活動に触れ、ボイストレーニングをはじめ
「独立に向けてやっておきたいこと」をいくつか発見し、
「あぁやっぱりこっちの道に進みたいな」という気持ちを
久しぶりに再確認しました。

今年のテーマ

2010-01-20-Wed-18:13
もうすぐ年が明けて3週間が経とうとしてますが・・・
今年のテーマやら目標やらを考えるまもなく
今日に至ってしまったというのが現状ですが、
やっぱり「今年は何を目指すか」は記しておこうと思います。

まず、常に意識し続けようと思うことが2つ。

1.自分の強みを明確化する

今、私にとっての一番のテーマはこれです。
昨年の終盤にコーチングを受け始め、最近少しずつ考えるコツを知ってきたものの
年末の環境変化でまったくこの時間を取らなくなりました。
でも、今後の道をどう進もうと考える度に、
いつもいつもこれがはっきりしないことで悩みます。
すぐに「コレだ」と決める必要はないのでしょうし、決まるものでもないのでしょうけど、
今年が終わる頃には「まずはここから進もう」と思えるものを作っておきたいです。


2.パートナーとの時間と自分の時間の両立

既に夫婦をやってる人にとっては当たり前のことでしょうけど・・
これって大事なんだろうと思います。
毎日パートナーに会えて、とりとめの無いことから将来のことなど
いつでも話ができる環境は楽しいのですが・・・
これに甘んじてはいけないんだろうなぁと。

今は本業もバタバタしているし、これから挙式に向けた準備が続くので、
ますます時間が取りづらくなりそうです。
「結婚式は一生に1回だし、後悔しないようにしっかり準備!」
と、理由付けするのもほどほどにして
お互いを尊重しつつも、自分の道を生き生き歩けるような
関係を作りたいと強く思います。


そして、「今年の一文字」は“柔”

今、直近でやりたいこと(やらなきゃいけないこと)がたくさんあります。
料理とか読書とかマラソンとか、
ビジネススクールにも通いたいし、今年は去年より診断士活動を増やしたい。

ただ、私は仕事の繁忙期が不安定にくるため、
あまりに具体的な目標で、かつ継続を意識しすぎるとすぐオーバーフロー、
やれなかったことで気分が滅入り、やる気を無くすという
負のスパイラルに陥りやすい傾向にあります。

また、昨年に引き続き「起業」は見据えた活動を考えています。
何が機会になるかわからないので、どんな環境変化、状況変化に遭遇しても
柔軟に対応するぞ、という思いから選びました。


なんだか精神論ばっかりだなぁ・・
いずれにしても、厄年ですがいい一年になりそうな気がします。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。