ニャン太のサムライ日記 Ver1.1

SIerに勤務する企業内診断士の、等身大の今をつづります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次試験の対策メソッドは何のために使うのか?

2012-09-17-Mon-17:10
診断士の2次試験対策といえば、
たいていの受験校が解答作成に使うメソッドを作っています。
また、受験生の皆さんも、「解答作成のときに意識すること」などを
チェックリスト化していると思います。

そんな、2次対策メソッドは何のためにあるのでしょう?

私は、設問で求められていることを正しく理解・解釈し、
適した解決策を見つけるためだと思います。
もっとシンプルに言うと、「設問に素直に答えるため」です。

メソッドには、設問の解釈だったり、解答の根拠を探す方法だったり
文字数の見積だったりといろいろありますが、
いずれもベースにある目的は、設問要求に素直に答えることです。
そして、メソッドはその目的を達成するための手段、ツールでしかありません。

なぜこんなことを言いだしたのかというと、
先日受講したTCMの講義で、少し気になったことがあったからです。

講義の中で、私が受験生時代に教わっていた先生が作られた
2次対策メソッドを拝見する機会がありました。
そこで驚いたのが、メソッド数の多さ。
私の受験時代に比べ、はるかに数が増えています。
きっと、ノウハウを少しずつ明文化されてきた結果なのでしょうけれど、
正直「これ全部意識するのは大変だな」と思ってしまいました。

私も受験生時代に、一生懸命メソッドを頭に詰め込んで、
解答作成の際は、プロセスの至るところでそれらを活用しようと意識していました。
言うなれば、目的は「メソッドを使う事」状態。
しかし、どうにも点数が伸びない。
このままではマズイと悩んだ時期がありました。

そんな頃に出会ったのが
「2次試験は設問要求に素直に答えることが一番大切」という言葉。
受験校の講師だったか、どなたかのブログだったかは覚えていませんが、
この言葉を聞いてハッとしました。
やるべきことは「設問に素直に答える」という、とてもシンプルなことです。
それ以降「設問に素直に答えるためにメソッドを使うんだ」と考えるようになり、
使うメソッドを自分が苦手な点に絞ることで、
作る解答も安定したものになってきた覚えがあります。

クライアント企業の社長さんが求めることを的確にとらえ、
企業さんの状況を冷静にみつめ、
最適な解決策を提供する。
これは、診断士として重要なスキルで、
ここで大切なのはやはり「求められていることに素直に答えること」です。
そして、2次試験ではその力を問われます。

もし、メソッドを使うことばかりで頭がいっぱいになったりしたら、
一度「何のためにメソッドを使うのか?」という点に
立ち返ってみられると良いと思います。

試験まで約1ヶ月、皆様のご健闘をお祈りしています。
スポンサーサイト

教育のためのTOCを学ぶ

2012-08-16-Thu-22:42
今日から4日間、TOCfE 国際認定資格セミナーを受講します。
(TOCについてはコチラ

受講の目的は、自分自身のスキルアップはもちろんですが、
メインは子供に「考える」ことを知ってもらうため。

子供はまだ1歳ですが、「学生になったら・・・」「社会人になったら・・・」と
将来を思い描くことがよくあります。
同時に、自分自身の学生時代を振り返ったりするのですが、
「あのときは考えが浅かった」「浅はかな行動だった」と
自分の未熟さが情けなくなるようなことがたくさんあります。

やはり子供には、
きちんと考えて自分の行動に責任を持てる人になって欲しい、
と思う。
そのために私ができる1つのこととして、
TOCfEの勉強と実践が挙げられるだろうと思い、受講を決意しました。

まだ1日目が終了したばかりですが、
TOCfEで使う3つのツールはシンプルで深い。
その可能性にわくわくします。

しっかり学んで、まずは家族にレクチャーするところから始めてみます。

1次試験お疲れ様でした

2012-08-06-Mon-23:18
今日は、診断士1次試験の解答発表がありました。
何人かの友人から「合格しました」というお知らせがあり
とても嬉しく思います。


プロ野球選手イチローの名言に、

“準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、
そのために考え得るすべてのことをこなしていく。”

という言葉があります。

これから、2次試験の勉強をされる人、
1次試験のリベンジに向かう人など
いろいろな道を進まれると思います。

試験当日に、自分への言い訳をしてしまうことのないよう
万全に、納得のいくまで準備ができるようがんばってください。
引き続きのご健闘をお祈りします。

「育児がしんどい」と思ったら

2012-07-06-Fri-22:54
先日、ある知り合いの方がFacebook上でシェアしてくれた、
くわばたりえさんのブログ。

しんどいよな|くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」 by Ameba

3回読み、3回とも泣きました。
心の中に渦巻いていた感情を言葉にしてもらったとでも言いましょうか。
育児をがんばるママは、多少なりとも共感するのでは?と思います。


先日、会社で飲み会がありました。
数日前から決まっていれば、家族に仕事を調整してもらい
子供のご飯、お風呂、寝かしつけを代わってもらうことで
飲み会に参加することが可能です。
でも、会社に勤めているとよくある「今日軽く飲みに行く?」といった
「その場の流れ」で決まる飲み会には、当然参加できません。
家族の調整をして、会社でも調整して・・・という手間がわずらわしい、
好きな時にお食事や飲みに行きたい!と思う事が、最近よくあります。

また、いま私が参加しているある診断士の会では、
定例会の集まりが悪いことが課題となっています。
家族や仕事などの事情があったとしても、会員である以上、
できるだけ参加できるよう調整することを望まれます。

かたや。
最近、出勤するとき娘が私のそばを離れたがらず、泣きだすことがあります。
働く親として、この瞬間ほどつらい、心が揺らぐときは無いと思います。
「そこまでして働く必要あるんだっけ」と考えてしまうことがあります。

こんなふうに、「どれも大事だけど全部は取れない」
というジレンマに悩むことが、母親になって増えました。
「大事なのはわかるけど、ムリなんです!」と
言いたくなることがよくあります。


でも、こういうことは0か1かではなく、
都度判断して、うまくバランスを取りながらやっていくしかないんでしょうね。
子供との時間を大事にしながらも、
うんざりして、子供の前で笑顔をなくしてしまわないよう
自分のための時間も確保する。
手抜きでも育児放棄でも正当化でもない、
「うまくやっていくための工夫」なんです。


くわばたりえさんのブログは、心の余裕を作ってくれました。
しんどい、と思ったら、育児で悩む友人や後輩がいたら、
この話を思い出そうと思います。

脱・不調

2012-06-12-Tue-23:00
最近不調です。
風邪が長引いており、体調が悪いです。
体調が悪いせいもあるのか、気分的にも落ちています。
やるべきことがたくさんあるのに、気持ちが全く入りません。

やるべきことというのは、たとえば
・本を読む
・新聞を読む
・事業計画の勉強
・管理会計の勉強
・プロジェクト管理の勉強
・コンサル塾の課題
・各種セミナー、勉強会への参加
などなど。
基本的に、仕事で必要な知識・スキルをUPさせるためのものです。

それなのに、なかなかその時間を取れません。
というか、取ろうという気が起きません。

どうしてその気が起きないか?
会社から帰ったあと数時間は、子供との時間にしています。
子供が寝たあと、ようやく自分の時間が取れるのですが、
その頃には疲れが先に出てしまい、PCに向かってもぼーっとしてしまう。
ひどいときは子供と一緒に寝てしまっています。

通常の業務と子供との時間でいっぱいになってしまい
スキルアップのための時間が取れない。
これって、
仕事と育児の両立ができていない
ってやつではなかろうか!?
という状態です。


まぁ落ち着け自分、ということで
この「やるべきこと」たちは、本当に必要なの?と改めて自問してみましたが、
やっぱり必要。
やらなくても仕事は続けられるけど、質を上げるためにはやっておきたいことです。

となると、時間の使い方を工夫しないといけません。

会社から帰ったあとの数時間は、絶対子供タイムだから、
子供が寝たあと、21:00以降の時間をどう使うかがポイント。
その前に、通勤時間や業務時間で解消できることはないか。
考えてみようと思います。

また、いつもやりたいことをズラッと並べることで、
「うえ~こんなにある」とやる気をなくす傾向にあります。
21:00以降じゃないとできないことを細分化して、
1日少しずつやるようにしてみます。

出産する前は、会社の業務以外において細かくスケジュールを立てて
活動することはほとんどなかったのですが、
今は時間が限られています。
ちゃんと計画を立てて、戦略的に動かないといけない立場だってことに
いまさらながら気づきました。

世の働く母親たちはスゴイなぁ。

まずは体調を万全にして、今月中にリズムを作ることを目標にします。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。